たてる君のミニ知識

大事な予算の話はもちろん、今話題の太陽光発電まで。家を建てる前に正しい知識をしっかりと身につけておきましょう。

スマートハウス・エコ住宅とは

最近、よく耳にするようになった『スマートハウス』。

スマートハウスとは、簡単にいうと『かしこい家(=スマート)』太陽光発電を利用して、家で電気を生み、貯め、自分たちで使う電気を効率よくコントロールする家のことをいいます。とても優れた環境性能をもったスマートハウスは、co2などの温室効果ガスの排出を抑えながら、暮らしを快適にし、環境にも人にも経済的にもやさしい、先進次世代型住宅です。

現在では多くのハウスメーカーがスマートハウスの販売を展開してるのですが、本格普及はまだまだこれからと言われています。地球上のエネルギー対策が必要となっている現在、『スマートハウス』は、注文住宅たてる君はこれからマイホームを考える方にとって、有力な選択肢の1つになると考えます。

スマートハウスについて

スマートハウスは次世代型の進化した家です

先の東日本大震災がきっかけでわが国は深刻な電力不足によって高まった節電意識…。今後の日本経済は電力不足や電気料金値上げなどの原油高の高騰が予測されるために、自分たちが使う電力を自給自足する省エネ・蓄エネに対する関心が高くなっています。

そんな中で今、とても注目されているのが『スマートハウス』。

太陽光発電での自然の力をエネルギー変換し、無駄なく私たちの住まいを快適にすることができるシステム。当然、地環境にやさしい新しい住まいの形です。

スマートハウスの3つの定義

  • ●電気を生む『創エネ』
  • ●電気を貯める『蓄エネ』
  • ●電力をコントロールする『HEMS』

電気を作り出す機器

太陽光発電システム

∟太陽光を電気に変えるパネルを使った発電装置。

地中熱ヒートポンプ冷暖房システム

∟都市ガスやLPガスなどの天然ガスから取り出した酸素と水素から電気と熱をつくり、貯める装置。

家庭用燃料電池(エネファーム)

∟都市ガスやLPガスなどの天然ガスから取り出した酸素と水素から電気と熱をつくり、貯める装置。

W発電システム

∟太陽光発電システム+家庭用燃料電池の2つの創エネ機器を組み合わせた発電装置。

電気を作り出す機器は、読んで字のごとくまさに電気そのものをつくりだすシステムですが、最近ではおなじみの太陽光発電以外にも、さまざまな発電システムが開発されています。今はまだ高価なシステムですが、これからは一層の開発競争が考えれますので、価格競争によりい今よりも低価格な商品が出てくると考えられています。

又、スマートハウスだけでなく、一般の住宅にも普及が急速に広がり、太陽光発電を標準装備した住宅も増え始めています。

電気を貯める機器

リチウムイオン蓄電池
鉛電池

電気を貯める機器が発電した電力を貯めておく装置。自家発電した電気にとどまらず、電気料金の安い夜間の電気を貯めておき、昼間に使うことも可能。停電時などでは貯めておいた電気を使えるメリットもありますが、設置スペースの確保が必要になります。

最近人気のプラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)を充電したり、緊急のときにはその車の充電を家の電気に供給することが可能だったり、と、多種多様な使い方が可能です。最近では大手の電気量販店でも取扱い始めるなど、普及も加速してきています。

HEMS(家庭用エネルギー管理システム)

スマートハウスを象徴する存在のHEMS(ヘムス)は、太陽光発電や燃料電池などの電気を作り出す機器や、蓄電池などの蓄エネ機器をネットワークで共有し、電気の使用状況をモニターして、自動的にコントロールします。

HEMSにより、太陽光発電の発電状況や、使用状況、電力会社への売電状況もなど、『エネルギーを見る』ことができ、結果、ムダな電力消費を見直し、お得に使用でき、節電効果に大きく貢献できます。

外出先からスマートフォンやパソコンなどのモバイル(デバイス)ツールを利用し、リアルタイムに電力状況を確認・操作できるのは大きな魅力の1つとして今、まさに注目を浴びています。

気になる補助金の話

スマートハウスに必要な設備機器は、創エネ機器・蓄エネ機器・HEMSなどを一通りそろえなければならないものが多く、その費用の負担は大きなものです。
国の補助金としては以下に紹介しますが、都道府県や市区町村などの地方自治体で独自の助成金制度がある場合がありますので、お住まいの市区町村に一度確認してみる事をお勧めします。

補助金 申込期間 申し込み窓口
太陽光発電システム 3万円か3万5千円/1kW 2013年3月末 太陽光発電普及拡大センター
太陽光燃料電池
(エネファーム)
費用の約1/2
(上限70万円)
2013年3月末 燃料電池普及促進協議会
リチウムイオン蓄電池 費用の1/3
(上限100万円)
2014年1月末 環境共創イニシアチブ
HEMS 10万円(定額) 2014年1月末 環境共創イニシアチブ

※補助金の対象となる商品は、各申込窓口のホームページで確認してください。
また、予算額に達した場合、補助金申請期間であっても終了しますのでご注意ください。

  • 太陽光発電について

    今話題の太陽光発電をその仕組みから導入方法まで徹底解説します

    太陽光発電の価格

    意外に知らない予算の話

    家本体の建設費用はもちろん、保険や設計費用、測量費用など知っているようで知らない予算の詳細について解説します

    注文住宅の価格の話

ページトップへ戻る