知って納得!住宅ローン減税

住宅ローンを借入れしマイホーム購入した場合、収めた所得税が戻ってくる「住宅ローン控除」を受けることができます。どのような場合に控除を受けられるのか、適用されるための要件をよく確認しておきましょう。

住宅ローン減税はどれだけお得?

住宅ローン減税は一定の要件を満たした場合のみ、ローン残高に応じて食得控除を受けられる便利な制度です。これからマイホーム購入を考えている方にとってはぜひ活用したい制度なのですが、『控除率1.0%』と言われても、実際にどれくらいお得になるかピンと来ないものです・・・。住宅ローン減税は2009年時点で過去最大規模の減税額を記録しましたが、どのくらい控除されるのか、実際にシミュレーションしてみましょう。

住宅ローン減税シミュレーション

2010年度の住宅ローン減税では、住宅ローン控除対象限度額が5000万円であるのに対し、控除率は1.0%となっています。つまり、年間最大控除額は50万円となり、住宅ローン減税は10年間適用されるので、50万円×10年間で最大500万円の控除を受けることができます。ただし、これは住宅取得時の年末において、住宅ローン残高が5000万円以上あった場合の例なので、すべての方が500万円の控除を受けられるわけではありません。以上のことを踏まえ、年収500万円のサラリーマンが、2010年に3000万円の住宅ローンを当初10年固定(償還期間35年)の金利2%で組んだ場合のシミュレーションを行うと、年度控除額は1年目~10年目まで一律12.18万円となり、合計で約1,218,000円の控除を受けられることになります。ちなみに、同じ5000万円の住宅でも、長期認定優良住宅に当てはまった場合、控除額は1.2%となり、最大600万円の控除を受けることが可能となります。

控除額の減少に注意

住宅ローン減税は2009年の税制改正に伴い、5年間延長・拡充されることになりました。特に2009年の減税額は過去最大となりましたが、住宅ローン減税の条件はこの先5年間一定となっているわけではなく、最大500万円の控除額を受けられるのは2010年度までとなっています。2011年以降は、控除率こそ同じですが、住宅ローン控除対象限度額が徐々に減り始め、2011年では4000万円、2012年では3000万円、2013年では2000万円と1000万円ずつ減少していってしまいます。たとえば2013年に住宅を購入し、年度末ローン残高が2500万円あった場合。2013年の住宅ローン控除対象限度額は2000万円なので、オーバーした500万円分は控除対象外となります。たった1年の違いで控除額が大きく変わってしまうため、現在マイホームを検討している方は、組む予定のローン額が控除対象限度額におさまるかどうかきちんと確認しておきましょう。

  • 太陽光発電について

    今話題の太陽光発電をその仕組みから導入方法まで徹底解説します

    太陽光発電の価格

    意外に知らない予算の話

    家本体の建設費用はもちろん、保険や設計費用、測量費用など知っているようで知らない予算の詳細について解説します

    注文住宅の価格の話

ページトップへ戻る