知って納得!住宅ローン減税

住宅ローンを借入れしマイホーム購入した場合、収めた所得税が戻ってくる「住宅ローン控除」を受けることができます。どのような場合に控除を受けられるのか、適用されるための要件をよく確認しておきましょう。

必要書類の取得は早めに!

住宅ローン減税は、確定申告によって控除を受けることができますが、通常の確定申告書類に加え、さまざまな必要書類を揃える必要があります。必要書類はすでに手元にあるものを含め、比較的簡単にそろえることができますが、確定申告の時期は毎年2月16日~3月15日と決まっているため、直前になってあわてて書類を集めようとすると、提出期限を過ぎてしまうおそれがあります。住宅ローン減税の申請は入居年の翌年から5年間にわたって行うことができますが、できれば入居した年の翌年に手続きを済ませることをおすすめします。

住宅ローン減税申請に必要なもの

住宅ローン減税を受ける為には、以下の書類が必要となります。

  • 住宅借入金等特別控除欄に記入済みの確定申告書
  • 住宅借入金等特別控除額の計算明細書
  • 金融機関からの借入金残高証明書
  • 住民票
  • 不動産登記簿謄本
  • 売買契約書
  • 源泉徴収票(給与所得者のみ)
  • 長期優良住宅認定証と住宅家屋証明書(長期優良住宅のみ)

確定申告書や住宅借入金等特別控除額の計算明細書については、所轄の税務署で配布されている他、国税庁のホームページからダウンロードにて入手できるようになっています。記入もサイト上で行うことができ、後はプリントアウトして提出するだけなのでとても便利になっています。確定申告や計算明細書の記入方法については、国税庁のHPで説明されていますが、もしわからない場合は税務署に尋ねればていねいに教えてもらえます。金融機関からの借入残高証明書については、年末調整の時期に合わせて金融機関から毎年自宅宛に送付されてきます。住民票は市役所で、不動産登記簿謄本は物件所在地の所轄法務局で取得することが可能です。売買契約書はすでに手元にあるので取得手続きは不要ですが、こちらは原本ではなく、コピーを取って提出しましょう。

  • 太陽光発電について

    今話題の太陽光発電をその仕組みから導入方法まで徹底解説します

    太陽光発電の価格

    意外に知らない予算の話

    家本体の建設費用はもちろん、保険や設計費用、測量費用など知っているようで知らない予算の詳細について解説します

    注文住宅の価格の話

ページトップへ戻る