たてる君のミニ知識

大事な予算の話はもちろん、今話題の太陽光発電まで。家を建てる前に正しい知識をしっかりと身につけておきましょう。

ローコスト注文住宅

「新築での一戸建てを建てたいけど、住宅ローンの負担が大きくのしかかるのは辛い」「出来るだけ少ない予算で家を建てられないだろうか?」など。ハウスメーカー/工務店ではそんなニーズを汲み取り、低予算で家を建てられる「ローコスト住宅」を提案しているところが最近多くあります。 「予算が少ないから注文住宅は難しい」と思っていたあなたも、一度ハウスメーカー/工務店に相談してみませんか?
【注文住宅たてる君】サイト内ではローコスト注文住宅の建築を行う住宅会社の紹介をしています。ご覧下さい。

ローコスト住宅はなぜ安い?

ローコスト住宅はなぜ安い?

ローコスト住宅とは、坪単価が40万円から50万円、または本体価格が1,000万円台前後と設定されている住宅の総称した呼び名です。ハウスメーカー/工務店では、この料金設定で建てることを前提とした規格型住宅のひとつとして、ローコスト住宅を提供しています。ローコスト住宅では、住宅設備や木材など、家づくりのあらゆる部分でコストがかからない工夫をこらしています。 コスト削減の一番わかりやすいところでは、お台所・お風呂などの住宅設備や木材などを大量に発注して安く仕入れる。又、独自のルートでの契約で資材などを安く仕入れる、といった方法があります。他にも、定型の設計やデザインを使用することでコストダウンを図っているようです。

ローコスト住宅に対応したハウスメーカー・工務店を見つけよう

ローコスト住宅に対応したハウスメーカー・工務店を見つけよう

指定されたプランで建てる住宅と言っても、自由設計が可能な場合や自然素材にこだわった材料を使うプランなど、各社が提案している内容はさまざまあります。 これらのプランを詳しく知りたいという方は、ローコスト住宅に対応しているハウスメーカー/工務店への資料一括請求がオススメです。絶対にたてるならローコスト住宅に。というわけではありませんので、さまざまな会社の資料をじっくりご覧になってください。

ローコスト住宅で失敗しないコツは「じっくり相談」

ローコスト住宅で失敗しないコツは「じっくり相談」

ローコスト住宅で失敗しない為には、前もってハウスメーカー/工務店とじっくり相談し、妥協できるところと譲れないところをはっきりさせておくことが大切になってきます。コスト重視で建てる事が前提のローコスト住宅ですから、妥協すべきところが出てくる可能性も十分にあります。 又、建ててはみたものの、実際に住んでみたら使い勝手が悪く、結局リフォームをすることになった・・・。や、メンテナンス費用や冷暖房などのランニングコストが予想以上にかかってしまったという事例も聞きます。一生に一度の大きな買い物ですし、家族が長い間生活する家のことですから、ハウスメーカー/工務店をいくら比較してもし過ぎではありません。中には10社近くの工務店と話をして、見積もりを取ったという方もいらっしゃいます。【注文住宅たてる君】では、無料で資料一括請求をすることができますので、ハウスメーカー/工務店の比較に是非ご活用ください。

  • 太陽光発電について

    今話題の太陽光発電をその仕組みから導入方法まで徹底解説します

    太陽光発電の価格

    意外に知らない予算の話

    家本体の建設費用はもちろん、保険や設計費用、測量費用など知っているようで知らない予算の詳細について解説します

    注文住宅の価格の話

ページトップへ戻る